フィリピンへの留学にかかる費用

フィリピン 留学

フィリピン共和国、通称フィリピンは、東南アジアに位置する島国です。フィリピン海、ルソン海峡、スールー海、セレベス海、南シナ海に囲まれています。首都はマニラで、最大都市はケソンです。通貨はフィリピン・ペソです。一般的にフィリピンのイメージとしては、南国やリゾート地というものもあれば、貧富の差や少々危険な街並みなどが挙げられます。また、美人が多い、治安が悪い、物価が安いなども出てきます。つまり、両極端なイメージを持たれていると言う事になります。日本においてもフィリピンの方を多く見かけます。元々スペインの植民地だった事もあり、スペインの血を引く人は美人だという話もあります。治安の悪さや貧富の差も有名で、地域によってかなりの差が生じている事がわかります。そんなフィリピンへ留学する事のメリットやデメリットなどについてお話していきましょう。

フィリピンの留学する事のメリットとデメリット

フィリピンへ留学するメリットですが、いくつかあります。英語を話す人が多い事、費用が安い事、マンツーマンレッスンが多い事、勉強だけに専念出来る事、通学が不要な事、日本から近い事、ビザの手続きが簡単な事です。フィリピンは物価が安く、留学の費用もアメリカの3分の1に抑えられるというデータもあります。また、フィリピンの学校の多くは学費の中に3食分の食事代も含まれています。掃除代や洗濯代なども含まれているので、勉強に専念出来るというわけですね。では、デメリットを見ていきましょう。まずは、フィリピン訛りの英語を話す先生がいるという事です。そして、日常会話はフィリピン語で話されます。24時間英語漬けにはなれません。治安が悪いという事や食事の合う、合わないもデメリットとして挙げられます。日々身の安全に気を配らなくてはならないというのも、ストレスになりかねません。

フィリピンに留学する時にかかる費用について

メリットとデメリットをしっかりと理解し、その上で留学を決意したのであれば、次はフィリピンへの留学にかかる費用について知っておきましょう。2人部屋で4週間留学した場合を、参考にしてみます。まずは学費ですが、地域によって差があります。1日8コマ前後の授業を受けた場合、平均1500ドルくらいです。入学金は100から150ドルが一般的となっています。教材費はだいたい1000から1500ペソです。空港出迎え料、食費、掃除代、洗濯代、水道代、インターネット代は学費に含まれる事がほとんどです。電気代だけは実費で1000ペソほどになり、2人部屋の場合は2人で折半となります。その他、航空券や外国人登録証などの申請にも費用がかかってきます。それらを含め、だいたい30万円になります。金額だけを見ると安いとは言えませんが、日本で生活しながら同じだけの英会話のレッスンを受けるのを考えると、十分安く感じます。