フィリピンへの留学のデメリット

フィリピン 留学

フィリピンへ留学することのデメリットは、フィリピン人の全てがネイティブ並みの英語を話すわけではないということです。多くのフィリピン人が日常で使うのは英語ではなく現地の言葉であり、彼らが話す英語もその現地の訛りがある場合が多いからです。そのため、ネイティブのような英語を学びたいのであれば、フィリピンよりアメリカなどへの留学を考えたほうがよいでしょう。ただし、もしフィリピンで英語を学んだとしても訛りがうつるという心配はほとんどありません。訛りに影響があるのは母国語であるため、どこで英語を学んだとしても日本人であれば日本語訛りの英語になるからです。その他、フィリピンは日本よりもネット環境がよくないことが多いので、動画などを見る場合は時間がかかってしまうこともあります。

フィリピンへの留学のメリットは

最大のメリットは、留学の費用がアメリカに比べフィリピンのほうが安いところです。授業料もそうですが、日本からフィリピンの首都マニラへの直行便も多く、ビザの申請もアメリカに比べて簡単という利点もあります。また、アメリカの授業はグループレッスンが中心でマンツーマンでの指導を受けるには追加の費用が必要です。フィリピンなら無料の授業も多く、希望すればほとんどの授業をマンツーマンにすることもできます。集団の中で発言をすることが苦手な人も、より英語を学びやすくなります。食事や洗濯などの家事も、寮のスタッフに行ってもらえるという学校も多いので、勉強だけに集中することができます。他にも、フィリピンと日本では時差が1時間しかないので、時差に苦しむことなく留学した初日から勉強に打ち込めるでしょう。

フィリピンへの留学に向いている人とは

毎年10万人以上の外国人がフィリピンへ留学している中、どんな人が留学に向いているのかというと、それはやはり何を学びたいのかで考えるべきです。英語は苦手でいくら勉強してもわからない、とにかく会話ができるようになりたい、そういった人たちにはフィリピンへの留学が向いていると言えます。語彙力やネイティブのような発音、正しい文法を学びたいという人たちには、欧米諸国への留学が向いているでしょう。また、学校によって校則の厳しさや通っている学生、授業の内容や宿泊先も大いに変わってきますので、自分が何を学びたくて、どういう環境なら勉強がしやすいのかをよく考えることが大切です。いろんな国で英語が使われています。学び方も環境もたくさんありどれを選んでいいのかわからないという方は、思い切って留学してみるというのも一つの手段です。