フィリピンへ留学するための基礎知識

フィリピン 留学

近年では英語初心者が留学する場所としてフィリピンがよく挙げられます。ただしフィリピンへ行けばかならず語学力があがるという訳ではないので、実際にフィリピンへ行ったらどのように行動すればよいかを紹介します。まずマンツーマンレッスンではずっと話し続けます。フィリピン留学での授業は生徒と先生がマンツーマンになりレッスンすることが主流で、自分の英語レベルに合わせた内容で勉強できます。その際に先生とずっと会話をすることで、恥ずかしさがなくなり自然と会話の流れがつかめるようになります。次にグループレッスンで使われる表現を抑えることです。そこで多く使われているワードは、生活レベル英語と同様の頻度で使うので、必ずメモをして復習するようにしましょう。また、勉強だけでなく自由時間を使って色々な街へ出くわして現地の人と話すことでボキャブラリーを増やしましょう。

フィリピン留学するメリットとは

フィリピン留学をするメリットとしては、英語をメインに話す人が多いので、英語中心の生活をすることができます。また、留学費用が平均するとアメリカよりも3割近く安くなっています。基本的には授業スタイルがマンツーマンのレッスンなので、周りの目を気にすることなく授業をうけられます。また、合同授業よりも個人授業の方が格段に覚えも早いです。他には、オーストラリアやアメリカで留学する場合は、町の郊外にあるホームステイが一般的ですが、フィリピンでは多くの学校が量と同じ建物、もしくは敷地の中に教室があるので通学時間がほとんどありません。通学費や交通費が必要ないのでお得です。またその時間を勉強にあてることもできます。最後に、フィリピンと日本の時差はわずか1時間なので、留学初日から体への負担が少なく、万全の状態で勉強できます。

フィリピン留学するデメリットとは

フィリピン留学するメリットを先述しましたが、相反してデメリットも存在します。まずは、フィリピン訛りの英語を話す先生がいることです。海外留学のメリットは24時間英語漬けになれることですが、講師がフィリピン訛りだと正しい英語でなくフィリピン語も混ざっている可能性があるため、分かった時点で先生を変える事で解決できます。次は食事があまり日本人の口にあってないことです。もちろん個人さはありますが、定期的な日本食レストランで食べる事が必須になります。近年では美味しい日本食もフィリピンに進出しているので改善されつつあります。最後に、日本と比べてフィリピンは治安が悪いことです、留学をする場合はフィリピンに限らず、ほとんどの国が当てはまりますが、外国にいることを理解して、防犯対策はしっかりとしなくてはいけません。